Share

JR熊谷駅の退避スペースに30代男性の遺体 転落か (20/02/14)

駅のホームの退避スペースに若い男性の遺体が発見されました。

 14日午前11時すぎ、埼玉県のJR熊谷駅で駅員から「線路に人がいる」と通報がありました。駆け付けた警察官がホームの下にある退避スペースで若い男性の遺体を発見しました。死亡していたのは埼玉県南部に住む30代の男性で、11日朝から行方が分からなくなって両親が捜索願を出していました。警察はこの男性がホームから転落した可能性もあるとみて調べています。JR高崎線は一時運転を見合わせ、最大で55分の遅れが出ました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment