Share

G20エネ・環境相会議 タンカー攻撃で懸念を共有(19/06/16)

G20エネルギー・環境大臣会議の初日が終了し、ホルムズ海峡付近で日本などのタンカーが攻撃されたことを受け、参加した各国で懸念を共有しました。 世耕経産大臣:「石油関連船舶が何者かに攻撃されたことに対し、極めて大きな懸念をもって注視しています」 会議では、ホルムズ海峡での攻撃について世耕経済産業大臣から強い懸念が表明され、各国も同意しました。また、エネルギーを安定して供給するために各国が協力して取り組んでいくことも確認されました。これらの内容は、16日にまとめる共同声明には書き込まれない見通しですが、複数の国から書き込むべきとの声も上がっていて、ギリギリの調整が続いています。会議では、海のプラスチックごみについて各国のごみ削減に向けた取り組みを定期的に検証する枠組みも議論されていて、最終日の16日、正式に合意する予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment