Share

藤井七段、勝ち進み大会3連覇に一歩近づく(20/01/19)

藤井聡太七段が大会3連覇を目指します。

 朝日杯将棋オープン戦は持ち時間40分の早指しで行われるトーナメントです。対局は公開で行われ、19日午前10時から始まった1回戦では、大会3連覇を目指す藤井七段が菅井竜也七段と対局しました。対局は168手で菅井七段が投了し、藤井七段が準々決勝進出を決めました。藤井七段は、午後に行われた準々決勝の斎藤慎太郎七段との対局で見事勝利しました。準決勝と決勝は来月11日に行われます。
 藤井聡太七段:「粘り強く指して結果につなげることができたのは非常に良かったなと思っています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment