Share

緊急事態宣言「出す状況にない」総理 国会で答弁(20/04/01)

安倍総理大臣は新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言について、現時点では出す状況にないという認識を示しました。

 安倍総理大臣:「今、この時点で緊急事態宣言を出す状況ではないというふうに考えております。何よりも国民の命、健康を守ることを第一に判断していきたいと考えている」
 安倍総理は緊急事態宣言について「総理大臣や国が強大な権限を持つということではない」と指摘しました。そのうえで、「フランスなどで行われているロックダウンはできない」と述べ、都道府県の知事が外出の自粛やイベントの制限について指示や要請はできたとしても強制力は伴わないと説明しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment