Share

米の追加関税が打撃・・・中国認める データにあらわに(19/10/14)

アメリカからの追加関税が打撃になっていると中国が認めました。

 中国の1月から9月までのアメリカとの貿易の総額は前年と比べて14.8%マイナスの約43兆6000億円となりました。輸入が26.4%マイナスと大きく落ち込み、輸出も10.7%マイナスでした。中国の報道官は会見で「米中の貿易摩擦が一定の圧力をもたらしている」として、アメリカからの追加関税が打撃となっていることを認めました。先週の米中の閣僚級の貿易協議では進展がみられましたが、追加関税はかけられたままで中国にとっては苦しい状況が続くとみられます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment