Share

森友学園 籠池泰典被告に懲役5年の実刑 起訴内容の多くを否認

学校法人「森友学園」の補助金詐欺事件の裁判で、理事長だった籠池泰典被告(67)に懲役5年の実刑判決、妻の諄子被告(63)に執行猶予付の有罪判決が言い渡された。

判決を前に、妻の諄子被告が号泣して取り乱し、20分以上の休廷が挟まれるなど、19日の裁判は異例のスタートとなった。

森友学園の前理事長・籠池泰典被告と妻の諄子被告は、小学校の建設や幼稚園などの運営をめぐり、国などから補助金およそ1億7,000万円をだまし取った罪などに問われている。

泰典被告は起訴内容の多くを否認、諄子被告は無罪を主張していた。

19日朝の判決を前に、弁護側がおよそ90万円の補助金を返還したと主張したため、一時、弁論が再開されたが、19日午前に結審し、大阪地裁は泰典被告に懲役5年の実刑を、諄子被告に懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

判決理由の言い渡しは午後に行われる。

(関西テレビ)
(2020/02/19)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

Leave a Comment