Share

松江で住宅全焼 焼け跡の遺体は独居男性(84)か(20/02/19)

松江市の住宅が全焼する火事があり、焼け跡から男性の遺体が見つかりました。

 警察によりますと、18日午後5時半ごろ、松江市で「火が見える。アパートに燃え移りそう」と近くに住む男性から通報がありました。火は約1時間後に消し止められましたが、木造平屋建ての住宅が全焼し、隣接するアパートの外壁などを焼きました。住宅の焼け跡からは男性1人の遺体が見つかっています。この家には青山太七さん(84)が1人で暮らしていて、連絡が取れていません。警察はこの遺体が青山さんとみて身元の確認を急ぐとともに、出火原因についても詳しく調べる方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment