Share

東電保証金詐欺事件で新たに74歳の男逮捕 13人目(20/02/19)

福島第一原発事故の後に東京電力から損害賠償金をだまし取ったとして詐欺グループ12人が逮捕された事件で、警視庁は新たに74歳の男を逮捕しました。

 緑川安雄容疑者は2015年に東電に対して嘘の申請書を出し、損害賠償金約1300万円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、緑川容疑者らのグループは福島県いわき市の飲食店などに「もうけ話がある」と話を持ち掛け、震災前の売り上げを実際よりも水増しして申請をしていました。賠償金が支払われると、そのほとんどを受け取っていたということです。緑川容疑者の妻もこのグループに関わっていて、他の11人とともにすでに逮捕・起訴されています。緑川容疑者は飲食店の勧誘役を取りまとめていたということです。警視庁はこのグループによる被害は約5億円に上るとみて捜査しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment