Share

新型コロナ緊急対策 予備費103億円支出を閣議決定(20/02/14)

政府は新型コロナウイルスによる感染拡大への緊急対策のため、今年度予算の予備費から103億円を支出することを決めました。

 政府が取りまとめた総額153億円の緊急対策では、ウイルスの検査体制を強化することや品薄となっているマスクの増産支援などが盛り込まれました。また、訪日客の減少で深刻な打撃を受けている観光業などへの資金繰り支援として、政府系金融機関を通じて緊急の貸し付けと保証を行うため、5000億円を確保します。政府は14日の閣議で緊急対策のために今年度予算の予備費から103億円を支出することを決めましたが、麻生財務大臣は「今後の事態の状況変化を見極めつつ、順次、必要な施策を講じていく」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment