Share

新型コロナウイルス 上場企業108社が影響(20/02/09)

新型コロナウイルスの感染の拡大で、日本の上場企業の少なくとも108社が影響を受けていることが明らかになりました。

 大手調査会社「東京商工リサーチ」によりますと、6日時点で上場企業78社が新型コロナウイルスに関連する影響を発表しているということです。大手居酒屋チェーン「ワタミ」は中国にある直営店7店を閉店し、完全撤退します。自動車メーカーのトヨタやホンダは中国工場での生産の再開を17日以降に延期しています。このほか、情報の開示はありませんが、30社が工場や事務所、店舗の休止などの対応をしているということです。東京商工リサーチは中国での生産の停止や物流のストップなどが「日本市場に深刻な影響を及ぼすことが浮き彫りになった」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment