Share

感染予防で門出に異変・・・1対1で社長と個別入社式(20/04/01)

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、多くの企業が1日に新入社員を出迎えました。本来、華やかな門出となるはずの入社式ですが、今年は様子が一変していました。

 各地で、モニター越しなど今年ならではの始まり方で新型コロナウイルスの感染防止を行うなか、リコーでは1カ所に集まることを避けて新入社員約170人が1人ずつ社長とマンツーマンで面談する入社式となりました。社長との距離は約5メートル。とはいえ、社長と緊張の直接対面。そこで社長が聞いたのが老若男女の共通話題、動物でした。
 一方、愛知県では新型コロナウイルスの影響で採用の内定を取り消された男性が先月31日に寺へ面接し、今月1日に寺へ即入社しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment