Share

安田純平さん 外国人記者から“謝罪”必要性問う声(18/11/09)

外国人記者からは謝罪の必要性を問う声が上がりました。 新月通信社、マイケル・ペン記者:「危険な現場に行き、そこで何が起きているか取材して、政府にコントロールされずに表現し、伝えることこそが記者の仕事です。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

Leave a Comment