Share

天皇陛下 60歳の誕生日 皇居で祝賀行事

天皇陛下は23日、60歳(還暦)の誕生日を迎えられた。

即位後初めての天皇誕生日で、皇居では祝賀行事が行われた。

23日朝、皇居・半蔵門に到着された陛下。

沿道の歓声に笑顔で手を振られ、皇后・雅子さまも祝賀行事に臨むため、皇居に入られた。

誕生日に先立ち、21日に行われた即位後初めての記者会見。

天皇陛下「還暦を迎えるのに当たっては、もう還暦ではなく、まだ還暦という思いでおります」、「常に国民を思い、国民に寄り添いながら、象徴としての責務を果たすべく、なお一層努めてまいりたいと思っております」

大相撲初場所で33歳にして初優勝した徳勝龍関の発言を引き合いに、60歳の節目を迎えた心境を明かされた陛下。

天皇としての道のりを見据え、決意も示された。

天皇陛下「即位以来、忙しい日々を送る中でも、私や愛子にもいろいろと細かく心を配り、活動を支えてくれており、公私にわたり、良き相談相手となってくれています」

また、これまで即位にともなう全ての儀式に出席し、涙を見せられる場面もあった皇后・雅子さま。

陛下は、療養の続く雅子さまを気遣われた。

午後には、安倍首相や国会議員らが陛下の誕生日を祝福する「宴会の儀」などが催された。

天皇陛下「誕生日にあたり、みなさんと祝宴をともにすることを誠にうれしく思います」

大島衆院議長「乾杯!」

一方、天皇誕生日恒例の一般参賀は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止となったが、皇居での祝賀行事は、予定通り実施された。

(2020/02/23)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

Leave a Comment