Share

北日本で大荒れ 猛吹雪や大雪に警戒(19/11/14)

真冬並みの寒気の影響で北日本では14日午後から猛吹雪となる恐れがあり、警戒が必要です。

 日本付近は次第に強い冬型の気圧配置になり、上空には真冬並みの寒気が流れ込む見込みです。北海道ではまもなく雨が雪に変わり、日本海側を中心に夜から16日にかけて猛吹雪や大雪となり、全く見通しがきかない恐れがあります。予想降雪量は15日朝までの24時間でいずれも多い所で北海道で40センチ、東北で20センチです。さらに、16日朝にかけて北海道で最大70センチの降雪を予想しています。北日本や北陸では30メートル以上の風が吹き荒れるため、暴風や高波にも警戒が必要です。
 一方、関東では一時的に暖気が入り、気温が上がっています。東京の最高気温は23度で10月上旬並みの予想ですが、夕方以降は気温が急降下する見込みです。北風が強まり、東京地方で木枯らし1号が吹く可能性もあります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment