Share

下船者の感染確認 日本災害医学会 「バイ菌」扱いに抗議声明

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている中、栃木県では、陰性と判断されクルーズ船を下船した女性の感染が確認された。

また、北海道・札幌市では、感染者との接触がなかった人の感染も確認されている。

23日、新たに感染が確認されたのは、札幌市内に住む70代の会社員の男性。

本人の同意を得られなかったとして、詳細は明らかにされていないが、海外への渡航歴はなく、感染者との接触もなかったという。

連日、新たな感染者が出ている新型コロナウイルス。

22日夜、栃木県では、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で、陰性と判断され下船した60代の日本人女性の感染が確認された。

福田富一知事「陰性で下船した方が帰宅後に陽性となってしまった事実が、きょう(22日)発生した」

女性は、夫婦でクルーズ船に乗っていて、2月14日に採取した検体で陰性だったことから、19日に夫とともに下船。

横浜の大黒ふ頭から、バスで最寄駅まで移動したあと、公共交通機関を使って自宅近くの駅に行き、友人の運転する車で自宅に帰ったという。

ところが、21日夜、38度台の熱が出て検査したところ、陽性が判明した。

福田富一知事「一度だけ買い物に出かけた。ずっとマスクをしていた」

クルーズ船からは、およそ970人の乗客が陰性と判断され下船しているが、その後感染が確認されたのは、国内では初めて。

しかし、下船後、オーストラリアやイスラエルに帰国した人の中にも、同様に陽性となったケースが報告されている。

厚労省は、慎重に健康観察を続け、情報収集に努めるとしているが、下船後、そのまま自宅に帰した判断の是非が問われそう。

名古屋市では、新型コロナウイルスの影響で、名古屋高速の6カ所の料金所が閉鎖された。

これは、料金所の職員の送迎をしていた60代の男性の感染が22日に確認され、名古屋高速は、濃厚接触をしたとみられる52人の職員を自宅待機にし、人手が足りなくなったことが理由。

また21日、小学生の兄弟2人の感染が確認された北海道・中富良野町では23日、2人が通っている中富良野小学校を3月3日まで休校することを決めた。

中富良野町・小松田清町長「臨時休校は、児童が発症した翌日を第1日として、14日目の3月3日まで」

そうした中、日本災害医学会は、新型コロナウイルスに対応した医療従事者が不当な扱いを受けているとして、抗議する声明を出した。

学会によると、ばい菌扱いされるなどのいじめ行為や、子どもが保育園などから登園自粛を求められるなどの事案が報告されているという。

「もはや人権問題ととらえるべき事態であり、強く抗議するとともに、改善を求めたい」としている。

(2020/02/23)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

Leave a Comment