Share

カメラに“拳銃”持つ不審人物 任侠山口組襲撃事件(17/09/13)

神戸市で暴力団関係者の男性が射殺された事件で、現場近くの防犯カメラに拳銃のようなものを持って事件後に走り去る不審な人物が映っていたことが分かりました。 現場近くの防犯カメラの映像では、3台の車が路地で止まった後、バックして、車体をぶつけながら、あわてて引き返しています。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

Leave a Comment