Share

【報ステ】国内初“新型コロナウイルス”感染確認(20/01/16)

中国・武漢で発生している肺炎の原因とみられる新型コロナウイルスに感染した患者が日本国内で初めて確認された。感染者は6日に武漢から帰国した神奈川県に住む30代の中国人男性。この男性は帰国する3日前に発熱していて、帰国した日に熱とせきが収まらず医療機関に行ったが、肺炎と診断されなかったという。9日になると、熱が39度まで上がり、翌日10日に他の医療機関で肺炎と診断された。男性は入院し、14日には国立感染症研究所で検査が行われ、新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。男性は症状が軽くなり、15日に退院している。男性は、武漢で複数の患者が関係している地元の海鮮市場には行っていないが、肺炎患者と濃厚接触があったことはわかっている。厚生労働省は、濃厚接触で感染する可能性は否定できないとしているが、現在、ヒトからヒトへ感染する明確な証拠もないという。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment