Share

【報ステ】令和初の歌会始 もう一つの“代替わり”(20/01/16)

皇居で16日、令和初となる『歌会始(うたかいはじめ)』が行われた。今年のお題は「望」で、天皇陛下は「学舎に ひびかふ子らの 弾む声 さやけくあれと ひたすら望む」と、子どもたちの将来が明るくなってほしいと願う気持ちを詠まれた。17年ぶりの出席となった皇后さまは「災いより 立ち上がらむと する人に 若きらの力 希望もたらす」と、被災地で献身的に活動するボランティアの姿を詠まれた。お代替わり後、初となった歌会始では、和歌を読みあげる『講師(こうじ)』役で新人がデビューし、もう1つの“代替わり”となった。新たに講師となったのは公家の子孫の園池実方さん(23)。15年以上にわたって講師を務めてきた近衞忠大さん(49)は「この5年ぐらい一緒に練習してきた後輩がデビューした。終わった後に実方君のほっとした様子が伝わってきた」と話した。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment