Share

「1月6日に注意喚起なら拡大防げた」中国の研究機関(20/02/23)

中国政府系の研究機関が先月6日に新型コロナウイルスが拡散した時期にきちんと注意喚起が行われていれば、世界的な拡大は防げた可能性があると指摘しました。

 中国科学院シーサンパンナ熱帯植物園は中国を含む12の国に拡散した新型コロナウイルスの遺伝情報を分析した結果を公表しました。それによりますと、ウイルスは去年12月8日と先月6日の2度にわたって広く拡散したということです。さらに、12月初めか早ければ11月下旬にはすでに「ヒトからヒト」へ感染していた可能性があるとしました。2度目に拡散した先月6日のタイミングで幅広く注意喚起が行われていれば、中国国内を含む世界的な感染拡大を抑えることができた可能性があると指摘しています。また、ウイルスの発生源は武漢の海鮮市場ではなく、外から市場に入ったものだとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment