Share

「ヤフー」と「LINE」が経営統合に向けて最終調整(19/11/13)

孫正義会長が率いるソフトバンクの子会社「ヤフー」と無料通信アプリを手掛ける「LINE」が経営統合に向けて調整していることが分かりました。買収も視野にあるとみられます。

 東証1部に上場しているLINEの時価総額は約1兆1000億円で、買収となれば大型の案件になり、実現した場合にはIT業界の勢力図が変わることになりそうです。ソフトバンクグループは10兆円規模のファンドを持ち、投資活動に力を入れています。今年4月から9月の中間決算では投資先の会社の経営不振から155億円の営業赤字に陥っていますが、積極的な投資方針は変えないとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Comment